JIN

JIN

  • homeHomekeyboard_arrow_right
  • apps先へ繋ぐkeyboard_arrow_right
  • inbox百年先を考えるというお話。

百年先を考えるというお話。

木を植えた人に

利益は入らない

何十年、何百年前

植えたり、育てたり

してくれた人がいたから

柱として利用できる

百年先に 願いをこめて

木を植えて

いきたいものだ

子孫につながる

生き方がしたい

リョウ

本日はJINにお越しくださりありがとうございます。このお話しを書いた 山崎 といいます。
もう一言だけ。 私の好きな言葉になります。

口先だけ、口からでまかせ、口で息をすると肚に力が入らない。
口で伝えていくうちに想像していたことが実現する。
自分の言ったことに責任を持つ。
口(頭で考える)ではなく、実践(身体を動かす)の重要性。
言うは易く行うは難し。

相田みつを 口ではなぁ より .

よろしければ、他にもいろいろなお話しをご用意しております。お時間ありましたらぜひご覧になってみてください。