JIN

JIN

素直なお話し

263364.LINE

「この子、ちゃんとわかってハンカチ置いてたね。見てて、感動して涙が出てきたよ」

これは、1歳2ヶ月の息子に対して、初めてお会いしたマダムが言われた一言。

石切劔箭神社上之社

263366.LINE

御湯神楽(おゆかぐら)、毎月第二日曜日10:00〜

神事は厳かにスタート

祭祀さんと巫女さん

 雅楽器と華麗な舞い

参拝者と神事用の御神物

 日本の原風景を見ているような感じ

神事は進み…クライマックスへ
境内真ん中に供えられてある大きな釜
そこに入っている御湯を

ふぁっさぁ〜
ふぁっさぁ〜

って、御神物の葉で
あたりへふりかける巫女さん

その御湯を少しでもいただこうと
常連の方は始まる前に定位置で
タオルをセット!
(その後、御湯のかかったタオルを持ち帰りどうするのだろう…わが家は洗ってしまいました)
たくさんの御湯を浴びているその時

初めて参加する両親を背に
息子がハンカチを握り
巫女さんの近くへ歩きだす
(えっ!?止めないとあかんよな…)
と、思った瞬間

ハンカチを自分のいた少し前に
ぽとり
と、供えるように置き
また定位置の私の膝下へ

何をしたのか
何が起こったのか
少しぼーっとしてしまった
(後で妻と話をすると、同じ時に同じことを考えていた)

263367.LINE
神様がいるとかいないとか
わからない
でも、子どもは見えないものが見える
感じられないようなことが感じられる
そんなことを思わせてもらった一瞬の出来事

マダムは最後に、こうも言った
「素直なお子さんですね。すくすく成長されるでしょうね」
そして、その目には涙が浮かんでいた
私の目にも熱いものがあった

子どもは素直
もしかすると、この神事を知っていたのかもしれない
こんな小さな身体の中に、伝統文化が根付いてる
素直だからわかるのか、わかっているから素直なのか

頭で考える大人には
わからない、見えない世界があるのかな
それが、素直な世界なのかな…

リョウ

本日はJINにお越しくださりありがとうございます。このお話しを書いた 山崎 といいます。
もう一言だけ。 私の好きな言葉になります。

口先だけ、口からでまかせ、口で息をすると肚に力が入らない。
口で伝えていくうちに想像していたことが実現する。
自分の言ったことに責任を持つ。
口(頭で考える)ではなく、実践(身体を動かす)の重要性。
言うは易く行うは難し。

相田みつを 口ではなぁ より .

よろしければ、他にもいろいろなお話しをご用意しております。お時間ありましたらぜひご覧になってみてください。