JIN

JIN

  • homeHomekeyboard_arrow_right
  • apps明日を変えるkeyboard_arrow_right
  • inbox死んだデザインに血を巡らす。

死んだデザインに血を巡らす。

-shared-img-thumb-PAK25_konnaipadkowasu_TP_V

今日、新しくできた某巨大ショッピングモールに行ってきたのですが、そこの駐車場でのお話し。

買い物も終わり、出庫しようと停めたところから車を動かすまで、15分も全く動けませんでした。
その後も結局駐車場から出るまで30分かかりました。なぜだろう?

ちなみに時間は19時過ぎと、ぼちぼち渋滞もピークは過ぎてスムーズになる時間帯で、だったのでそこもまた “?” です。

警備員さんたちの誘導が悪い!というのも短絡的で、根本の解決としては違っている気がします。というか、逆に警備員さんたち個人個人はすごくがんばっておられたように見えます。
なかなか列に入れてくれない人たちばっかり!というのも、駐車場の運営として、ルールをドライバー同士のモラルや善意におんぶさせているのはお門違いで、こちらも根本の解決とは違ってきます。

個人的な感想では、駐車場に対して、”顧客目線のデザインが死んでいる”、と感じました。

入庫したときに周りを見渡しても、時間帯もあって駐車場はスカスカ。でもそのスカスカの停める場所まで行き着けない。
ちなみに入庫時も15分かかっています。

気づいたのは(たぶんここに来た人誰しも気づくと思う)入ってくる車と出る車の導線が途中で交差しているため、片方渋滞するだけで両方死ぬし、そもそも重なっている部分がすごく混みやすい設計になってしまっています。

大きな不満を覚えた人は、その場所にはしばらく近寄らなくなります。
もしがんばってそこに行ったとしても、行った段階ですでに不満が発生してしまうので満足度は結果下がってしまいます。

ここのショッピングモールでも、現在働いている中の人たちや警備員さんたちは(僕の見る限りの範囲では少なくとも)みんな頑張っています。
でもそんな今を頑張っている人たちの努力を無にしてしまうほど、デザインの力はとても、強いのです。

どこかが死んでも、血を巡らせることはできます

どこかが死んでも、血を巡らせることはできます

僕が以前所属していた某家電量販店でも同様の現象が起きたことがあり、酷いときは毎週土日の夕方に必ず駐車場クレームの山盛りが確定していた時期もありました。
もちろん、そこでも駐車場の警備員さんたち個人個人はすごくがんばっているのに、毎週末にクレームに追われるのが見ていて心苦しかったのを覚えています。

ただ、そこではこんな解決策で切り抜けていました。
デザインが死んでいる部分、つまり混む原因となるフロアを丸々潰して、車を停められなくしてしまったのです。

そこ以外でもデザインが死んでいる箇所がポロポロとあったので、たまに渋滞クレームは起きていましたが、以前のピーク時と比べると大きく改善しました。
デザインで “壊死” していた箇所をバッサリと切り落としたことで、他に血を巡らせたのです。

今からでも “死んだデザイン” に血を巡らせることはできる!
せっかく頑張っている人たちの努力を殺さないためにも、「また行きたいなあ」と思わせてくれるような改善を期待しています。

あ、ちなみに “死んだデザイン” は駐車場だけではありませんでしたので、あっちやこっちもしっかり血を巡らせてね。

サトシ

本日はJINにお越しくださりありがとうございます。このお話しを書いた 岩館 といいます。
もう一言だけ。 私の好きな言葉になります。

例えばこの町で武器屋を営んだとして 10年先 50年先 終われる?

鬼龍院 翔 ゴールデンボンバー 僕クエスト より .

よろしければ、他にもいろいろなお話しをご用意しております。お時間ありましたらぜひご覧になってみてください。